TOP > 外国人技能実習をする時の言葉の問題

外国人技能実習をする時の言葉の問題


外国人技能実習をする時は言葉が難しい問題になることがあります。
日本で技術を学びに来る外国人のほとんどが、日本語を流暢にしゃべることができません。

言葉をうまくしゃべれなかったら、意思の疎通がうまくいかずに技能実習が進まない恐れがあります。

技能実習のために外国人を受け入れを行っている団体では、日本に来る前に日本語の教育を行います。この教育によって、実習生たちは日常的な日本語を学びます。日本に来てからも、日本語の教育を行ってくれる組織が多いです。実習生の日本語教育は仕事をする上で非常に大切なので、日本語の勉強をしているときに見学させてもらうのが良い方法です。

見学によって、日本語の教育がうまく行われていることが分かったら、安心して実習生を受け入れることができます。

カンボジアの技能実習生関する情報探しのお役に立つサイトです。

受け入れる側でもある程度言葉の勉強をしておくことが必要です。

日本語はうまく通じないでも、英語なら通じることがあります。



英語はアジアの他の国でも学校で習うからです。
実習生が来たら、難しい英語を使う必要はありません。

自分の意志をはっきり伝えられる英語が使えたら、コミュニケーションはうまくいきます。
特にYesとNoの区別ははっきりつけられるようにしておいた方が良いです。

日本人はYesとNoの区別をあいまいにしがちですが、それでは大切なことは伝わりません。


実習生の中には日本語がある程度堪能な人もいます。



そんな人がいたら、関係を密にしてこちらの意志を伝えやすいようにしておきましょう。


Copyright (C) 2016 外国人技能実習をする時の言葉の問題 All Rights Reserved.